結婚した相手が浮気をしているかもしれない。
このように思ったことがある人は少ないくないと思います。
多くの方はネットでたくさん調べて当センターのサイトまで行きついた方もいらっしゃれば、実体験と同じ内容が書かれていると思いたどり着いた方がいらっしゃると思います。
自分の夫、妻に限ってそんなことがない!!と思っている方も、参考にしていただけると幸いです。
浮気をしていることが発覚したら、どのような行動をとられますか?
感情が先に立ちそれどころでない方、浮気相手から慰謝料を請求したい、浮気相手と別れさせたい、しかし、浮気をしているのがわかっているのに証拠がない
婚姻期間が長い夫婦、円満に生活している家庭もあれば、冷めきってしまっている、ろくに会話もしない家庭も存在します。
相談の一例としてこのような相談がございました。
該当していたり、何か心当たりがある場合はお問い合わせください。
20年以上一緒にいる夫婦、子供は4人成人している子もいます。
婚姻生活が長いせいなのか、会話は必要最低限の内容のみ、旦那は職場に近い自宅とは別の部屋を借り、1人暮らし、たまに帰ってくるも夫婦喧嘩は絶えないとの事。
数年別居が続いたある日、突然旦那の方から離婚をしたいと言い渡される。
養育費や離婚協議について立て続けに質問をされ、頭が混乱してしまったそうです。
子供は旦那が1人で住んでいる部屋にはたまに遊びに行くことがあるようですが、これといって何か変わった様子もなく、接していたようです。
離婚の話はする、しないは別として、急に宣言してきたこと、なぜか急いでいる様子な事、不思議な気持ちや不安を感じ当センターにどうしたらいいか相談をしていただいた流れになりました。
状況や、当センター相談案件の統計で、急な別れ話を持ち掛けられた場合、90%相手は浮気、不貞行為をしている可能性があります。
その際決まって浮気相手が妊娠してしまっているケースが多いです。
あくまで男性が対象となる話ですが、女性も同じく妊娠の可能性があったり、すでに自分に都合のいいパートナーを見つけ、新しい相手との人生を歩む準備をしている事が多いため、まず宣言をされたら落ち着いて対処できるように準備を進めていきましょう。
まずはご自身が離婚に応じるか応じないかです。
相手が離婚を希望しているので離婚はすんなりできるでしょう。
ただ、急な宣言であっさり離婚するのは納得がいかないはずです。
離婚協議において条件を出来るだけご自身が有利になる方向性を考えましょう。
慰謝料請求、養育費、資産などなど、決めなければいけない事は多くございます。
あまりにも偏りすぎてしまうと応じてくれない事がありますので、常識範囲内で。
離婚をしたくない場合は争いになる可能性がありますが、あきらめないでください。
先程もお伝えした通り、相談案件の統計で、急な離婚宣言は浮気不貞行為をしている人の確率は上がります。決定的な証拠などを取得して、有利な立場になりましょう。
証拠集めの相談や、その後の争い、裁判などのお悩み相談も受けております。
今まで数多くの離婚、浮気問題で苦しんだ相談者の救済を行ってきました。
既に決定的な証拠をお持ちの方や、これから争い予定の方、に対しても相談を承ることは可能です。士業の先生についても、現在お願いしているところとのウマが合わないなど、些細なご相談も受けておりますので気軽にご連絡を下さい。
 

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 


LINEでもご相談可能です
浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。