慰謝料請求編

自分の夫もしくは妻が浮気をしていることが発覚した場合、当然許せないのはパートナーですが、それよりも浮気相手を許せないという気持ちは当然でしょう。

では、慰謝料請求はどのように行えばいいのか、浮気相手?パートナー?両方?

わからないことが多いと思いますので簡単に説明させて頂きます。

まず、浮気をされてあなたはどうしたいでしょうか。離婚をする、しないで内容が変わります。

婚姻関係を続ける方を希望される場合、子供がいるから簡単には離婚できないという方も多いはずです。

慰謝料請求はパートナーに請求しても夫婦間でお金が移動するだけであまり意味がありませんが、明らかに夫婦で財布を分けているという場合はその限りではありません。夫婦で同じ財布という場合は浮気相手に慰謝料請求をしましょう。慰謝料請求も大事ですが、二度と過ちを起こさないように、関係と断ち切らせましょう。合意書などの書類を用いて連絡をしない、会わない、接近しないという事を誓約させましょう。

後に離婚したい場合は、時期もありますがパートナーに請求をしても良いのです。

補足情報として浮気を配偶者がして証拠などがそろっている場合は、浮気をした側から離婚は申し立てても認められません。

離婚する場合は財産分与、子供がいる場合は養育費の関係もございますのでわからない場合はご連絡を。

次に、離婚する場合ですが、言うまでもなく浮気相手にも夫又は妻、両方に請求を掛けましょう。

どちらかにだけという選択肢も中にはあるようですが、請求できる内容ですので、ご自身の立場と状況に合わせて選んでください。ただ2人請求するのと1人だけ請求するとの差は大きく分かれますので、先の将来、子供のことなどを思うのであれば両者から受け取った方がいいと思います。倍以上金額が違ってくる例もあるようです。

請求先についてはざっとこんな感じですが、肝心なことは慰謝料を払える財力があるのかです。

夫、妻の収入は?浮気相手の資産や、仕事などの財産は?

何もない場合は取り分が分割での支払いや無収入の場合もありますのでよく確認してから選択しましょう。

離婚しない場合、離婚する場合、どちらのパターンも視野に入れ、将来的に有利になる行動を起こさないと後悔することになる場合もあります。

慰謝料請求、財産分与、養育費、親権、資産調査、浮気の証拠これら以外にも用語は沢山ありますが、浮気に直面した場合何から始めていいか、どんな行動を取ればいいかわからない場合はご連絡を。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容