浮気や不倫、不貞行為の相談は後を絶ちませんが、被害者側だと思って相談を受けていても、自分も以前、シタ側でどっちもどっちのような相談もあります。

Aさん男性からの相談で、妻が浮気をしたので浮気相手に慰謝料請求をしたいとの相談でした、半年ほど前から奥さんのパートの帰りが遅かったり休日に出かける事が増え、様子がおかしいなと思いスマホをチェックしたところ、頻繁にラインでの男性とのやり取りがあり、今度いつ会える、この間は楽しかったなどのやり取りを見つけ浮気していることを確認したそうです。

そこで、妻を問い詰めて浮気をしたことを自白させたところ相手はマッチングアプリで知り合ったBとのことでした。

Aさんは直ぐにでも怒鳴り込んでやろうと思ったのですが、そこは冷静にいろいろ調べたりしてからと踏みとどまり弁護士に相談し、浮気相手Bに対し300万円の慰謝料請求をお願いしました。

しかし、浮気相手Bも弁護士を立てて反論してきたのです。

不貞行為を犯したのは1度だけで、奥さんの方から誘ってきた、自分の夫(Aさん)に浮気をされたことがあり納得していない、普段から夫婦仲も良くないので離婚する予定だから大丈夫と言われたというのです。

実際、Aさんが以前浮気したことも事実で、妻に確認するとホテルに行ったのは一度きりで、誘ってきたのは相手(B)で、Bの奥さんが浮気をしたので自分が浮気しても文句言えないから大丈夫と言われた、お酒に酔っていて雰囲気に流されてホテルに行ったけどその時1回だけで、そのあとはBからしつこく誘われても断っていたというのです。

どちらが本当の事を言っているのかも解らず、結局、お互いの夫婦どうし全員が浮気、不貞行為を犯していたのかと弁護士の先生も呆れたそうです。

その後、Aさん夫婦は離婚をしない事になったそうで、その分高額な慰謝料を請求しても裁判所が認める可能性が低い事から最終的な慰謝料は50万円で和解しました、弁護士費用を払ってしまうとほとんどお金は残らず、無駄な労力と嫌な思いだけ残ってしまいました。

Bさんも奥さんに今回の事がバレずに50万円で済んだので良かったと胸をなでおろしているとおもいますが、実際はBさんの奥さんが浮気をしていたのかは定かではありません。

相手(配偶者が)浮気、不倫、不貞行為をしたからといって、自分もしても良いという道理は有りません、自分がされて嫌な思いをしたのであればなおさらです。

このような浮気、離婚問題は無料相談センターへご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T