離婚の原因としてもっともあげられるのは浮気によるものです。

他にも性格の不一致や精神的虐待、DVなども挙げられますがここでは浮気について話していきたいと思います。

結婚して最初の頃は円満に過ごされている夫婦は多いと思います、何かのきっかけで浮気や不倫と言った問題に発展して離婚をする家庭は少なくありません。 ここで浮気をされた場合、実際にご自身はどう進むべきか考えなければなりません。 突然の事で頭が真っ白になり思考停止してしまう方も多いので、ある程度どのような行動が賢いのか考えていきましょう。

まずは離婚を希望されている場合、離婚方法は3つあります。

1つは協議離婚、2つ目は調停離婚、3つ目は裁判での離婚になります。

協議離婚については夫婦での話し合いによる離婚です。 離婚をする上でこの話し合いによる離婚が多いです。内容としては財産分与、慰謝料、子供がいる場合は親権、養育費、面会交流などをどうしていくか決めていきます。 ほとんど金銭的な割合や支払い金額などを明確に話していく感じです。 これらの話し合いは口頭だけで成立はさせないでください。 ちゃんと公正証書を作成するか、離婚協議書などを士業の先生と話しあい作成して、後から言った、言わないという事をなくしましょう。  ここで浮気が原因で協議離婚をする場合は、慰謝料の請求が大きく関わってきます。  しかし、浮気の証拠がないと慰謝料を請求することが出来ません。 浮気の証拠について何をどうすればいいのかわからない場合は当センターがしっかりとお伝えしますのでお問い合わせください。

次に離婚での調停と裁判での離婚です。 調停の場合、家庭裁判所での話し合いになります。 ここでは調停委員が間に入り、離婚の話を進めていく流れです。 調停委員が間に入って話が進まない場合、裁判という流れになります。 話がこじれるので裁判になるのですが、ここで重要なのが離婚原因となる証拠です。 離婚する理由を何かしっかりと証明する必要があるからなのです。 慰謝料が発生する問題なのか、相手が有責配偶者(不貞を犯した人)という証明、証拠があるのか。 裁判になると進行する上で証拠が重要になってきますので浮気をされてしまった場合、まず浮気の証拠を集めましょう。あればあるだけご自身が有利になります。 浮気による離婚に必ず必須なる浮気不貞の証拠というのは相手をただ問い詰めて吐き出させるようなことをしてしまうと、何も出えきませんので離婚を真剣に考えている方は、精神的に辛い思いをされているでしょうが我慢をしましょう。 相手が油断しているうちに浮気の証拠をつかみ、裁判所でも通用するものを手に入れましょう。

このように、離婚やDV浮気問題のトラブルは無料相談センターへご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T