婚姻関係がある夫、妻がほかの異性と不貞行為をしている可能性がある場合、しっかりとした浮気の証拠を押さえなければなりません。

まず、ご自身が今どのような心境、家庭状況、環境にいて、どう感じているかです。

夫婦間だからこそわかる事が多く存在し、ちょっとした会話や、仕草、行動の違和感は大抵わかるものです。たまに相手の携帯電話をのぞき見する人もいる方や、カード明細情報や、ごみ箱から得られるレシートをまめにみる方も多いようですが、浮気を匂わせる事を感じ取ったら焦らず行動しなければなりません。

まず、避けなければいけないこと。

浮気を疑う発言や、自分で相手の行動を探る、いつもと変わった行動をとる事を控えましょう。感情的になりやすい人はこの行動をすぐ起こします。そして相手が本当に浮気をしている場合、警戒度が高まってしまった為、浮気の証拠が取れる率が下がります。していない場合は信頼関係が崩れます。

ではどのように行動すべきか、相手のスケジュール、行動パターンを把握しておきましょう。

相手の発言などは重要になってきますので記録を取っておきましょう。後々役に立つはずです。

疑い始めたらキリがないですが、少しでも真相に近づけるように行動をしましょう。

相手は高確率でいつかぼろが出るはずです。

次に、浮気をしているであろう可能性が限りなく高いと感じた場合、ご自身が今後相手とどう向き合っていくかにより、方向性が変わります。

希望や選択肢、問題として、離婚、慰謝料請求、浮気相手から慰謝料請求、離婚をしないでこのまま婚姻生活を送る。

子供がいる場合は親権問題、保育園や学校の問題や、住むための家の問題、などそれぞれの家庭によって色々抱えている問題は多く存在します。

ご自身が有利になるために行動しなければいけないこととして、相手が浮気をしている場合は徹底的に白黒はっきりさせましょう。

よくありがちな例として、自分で浮気の証拠を押さえようとし、多くの相談者様は失敗していると報告を受けております。一度失敗すると浮気の証拠が取れない確率が増えますので要注意です。

プロの調査会社、探偵に依頼する選択肢も!

浮気の証拠はプロに依頼することを薦めます。ただ、環境や状況にもよりますので、一概に薦めるわけではございません。

プロへ依頼するメリットは、相手に顔が割れていない、専門職なので対象者が警戒していない限りバレる事はない。高性能の機材を利用している。証拠写真、調査報告書(裁判所などで通用するもの)を用意してくれる。

などがあげられます。

逆にデメリットもあります。お金だけ取り調査をろくにやらない業者、慣れてない調査員の場合、尾行がばれてしまう、違法業者(国に届け出を出していない業者)

このようにデメリットも多く存在します。業者選びは慎重に行わなければなりません。

ご相談いただければ必要な内容、状況に合わせた業者選びができますので、お気軽にご連絡を。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容